電子計測器ってどんなもの?

提供する際に注意すること

提供する際に注意すること

提供する際に注意すること 理工系の大学などで実習等の際に電子回路の分析を行うため、電子計測器を利用して行う事は少なくありません。この場合に学生に対して電子計測器を提供する際にはその条件をしっかりと満たしているものを与えることが必要です。その方法を誤ると十分な実験データを得ることができず、誤った結果を導いてしまうことがあるため注意をしなければなりません。
一般的に実習を行う学生は計測器に関しても基本的な知識が乏しいことが多いので、測定した結果が全てであると認識してしまうことが多いものです。特にオシロスコープなどの場合には具体的に波形が表示されることから、その結果が正しいと思い込んでしまうことも少なくありません。
しかし電子計測器の多くは内部で様々な処理を行うほか、最近では入力のサンプリング方式などによっても情報を入手することができないタイミング等が発生するため注意が必要です。その使い方を学ぶことも実習の重要な要素となっているため、正しい情報が測定できる電子計測器を提供することが必要になります。

直流の電圧や電流を測定する電子計測器の選び方

直流の電圧や電流を測定する電子計測器の選び方 電子計測器は、広範囲の計測に適した汎用測定器と、目的別に専用に作られた専用測定器があります。2つの中でも、幅広く使える汎用測定器は需要が高い電子計測機器になります。
電子計測器を使って電流を測定する際には、一定の周波数を保つものならやりやすいですが、不定期に変化を伴うものだと難しいため、目的に合わせた最適な電子計測器を選ぶ必要があります。複雑なものの場合は、時にはいくつかの計測器を組み合わせて使用する場合もあります。
大きな変化のない直流電圧や直流電流、また振幅や波形形状、周波数などが安定しているものを測定する場合は、デジタルマルチメータがおすすめです。また、変化の少ない周波数を計測する場合は周波数カウンタが最適になります。逆に、変化の伴う波形観測が必要な場合は、オシロスコープが非常に力を発揮します。
電流の計測を行う時は、まずは電流の性質や形状を見極める必要があります。その上で、その電流に最適な計測器を選択することが重要になります。

Copyright © 2020 電子計測器ってどんなもの? all rights reserved.